学校沿革(抜粋)
 
年月日 概要
大正12年4月1日 私立埼玉盲学校(校長、笠松仙英)に唖部を設け、埼玉盲唖学校となる。
昭和12年3月1日 文部省告示第144号をもって埼玉県立に移管される。
昭和23年4月1日 新教育基本法の制定により、盲唖教育も義務制となる。
昭和25年1月1日 盲唖学校を埼玉県立盲学校と埼玉県立聾学校に分離する。
昭和27年4月1日 木材工芸科設置。
昭和27年5月1日 大宮新校舎一部竣工し、授業を開始する。
昭和27年7月20日
川越本校を大宮に移し、同時に浦和分教室を併せ大宮本校とし、坂戸分教室を坂戸分校と改める。
昭和27年10月9日
大宮本校第一期工事(校舎・寄宿舎)671坪の新築落成式、同月14日坂戸分校落成式を挙行。
昭和28年4月1日 被服科設置。
昭和31年2月13日 理容科設置。
昭和31年4月1日
埼玉県立聾学校を埼玉県立大宮ろう学校と改称。
坂戸分校が独立して、埼玉県立坂戸ろう学校となる。
昭和40年4月1日 幼稚部認可。スクールバス運行開始。
昭和47年11月7日 新校舎6,830.49平方メートル竣工。
昭和47年11月29日 寄宿舎1,164.9平方メートル竣工。
昭和52年7月2日 プール竣工。
昭和53年10月13日 体育館989平方メートル竣工。
昭和53年11月13日 校歌制定される。
平成5年11月9日 幼小棟、寄宿舎棟大規模改修工事完了。
平成6年12月19日 管理棟大規模改修工事完了。
平成8年12月13日 冷暖房設備・中高棟大規模改修工事完了。
平成10年4月1日 普通科設置。(理容科募集停止)
平成12年4月1日 理容科廃止。専攻科設置。
平成13年5月1日
大宮市・浦和市・与野市の3市合併により住所が、さいたま市植竹町2丁目68番地と表示変更。
平成15年4月1日
政令指定都市「さいたま市」の発足により住所が、さいたま市北区植竹町2丁目68番地と表示変更。
平成21年4月1日
埼玉県立大宮ろう学校が埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園に改称。
平成28年3月9日
文字放送システム設置