着任挨拶

 

 本校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。         

 4月1日に校長として着任いたしました荒井宏昌(あらい ひろまさ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 わたくしは、大学新卒で埼玉県の教員となり、最初に勤めた学校が本校です。昭和58年(1983年)から13年間、文字どおり子どもたちから学び、先輩から学び、教員として成長させてもらいました。当時、担当した小学部は純粋口話法によって指導していましたので、教員としてスタートしてしばらくは、子どもの話を読み取ってあげられない、受け止めてあげられないという苦痛の日々が続きました。それでも、子どもたちの伸び伸びとした姿とろう教育の奥深さにはまっていき、次の異動先も強く願って坂戸ろう学校。過ぎてみれば、新任から18年間、聴こえない・聴こえにくい子どもたちと学校生活をともにすることができました。

 そして、このたび、本校に校長として戻ってきましたので、新たに出会った子どもたちや苦楽を共にする職員への恩送りとこの学び舎への恩返しができればと考えています。

 さて、本校は地域の皆様からのご理解・ご支援のもと、坂戸ろう学園とともに埼玉のろう教育を支え続けて100年が近づいています。そして、これから先も、聴こえない・聴こえにくい幼児児童生徒が自分の良さを伸ばし、一人一人が輝けるように、職員一同心を一つにしてバックアップしてまいる所存です。

 今年度もコロナ禍でのスタートとなってしまいましたが、保護者の皆様、地域の皆様、本校に関係するすべての皆様に応援していただきながら教育活動を進めていけるように、「見えて、聞こえて、風通しの良い網戸張りの学校経営」に努めてまいります。また、これまでと同様に、地域に信頼され、地域と協働し、地域とともに歩んでいけたらと願っております。

 このホームページで、日々がんばる幼児児童生徒の様子を少しでも知っていただき、応援しようという方が一人でも増えてくだされば幸甚です。

 

令和3年4月   

埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園校長 荒井 宏昌