0 0 2 0 9 0
大宮ろう学園本科 産業工芸科 作品集

産業工芸科の授業で製作した作品の一部を紹介します。これらの作品は、丹波の森ウッドクラフト展、埼玉県発明創意工夫展、全日本学生児童発明くふう展、全国子ども木の造形作品コンクールなどに出品してきました。

本校の作品は、「重量感のある造形」、「ニスによる美しい仕上げ」、「質感の表現」が優れていると丹波の森ウッドクラフト展審査委員から高い評価をいただきました。
 この3つの要素をうまく融合させることができたのは、十分に乾燥した銘木(吉野杉、エンジュ、けやき、ひのき、花梨等)を使って加工することができたおかげです。今年度の授業では、「エンジュ」の木を使い、曲木加工に挑戦しています。

作品紹介動画

作品紹介動画

{{cabinetFile.CabinetFile.filename}} >  作品紹介動画
名前 更新日
磁石を利用した鍵付き机.MOV 19
2019/02/14
雪をぶっ飛ばせ!!除雪車!!.mov 10
特別賞(三木工業協同組合理事長賞)受賞作品です。
2019/02/15
作品ギャラリー

作品名:ライオンズローラー 使用樹種:杉・カナダヒバ等

写真:4枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 この作品は、土木機械をイメージして作りました。前後の車輪は、合板を何枚も重ねて接着し、木工旋盤で円柱状に加工しました。基準面の設定が難しく、精度の高い加工が必要でしたが、試作を繰り返しながら完成させることが出来ました。運転席のボタンを押すと運転席屋根の黄色いランプが点灯し、前輪を左右に動かすと尾灯が点灯します。3年間かけて完成させた力作です。

作品名:雪をぶっ飛ばせ!!除雪車!!

写真:3枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 この作品は、除雪車後部にあるピンを抜くと雪(木片)をかき分けて除雪車が動きます。線路の上に置いたこの雪(木片)の配置によって除雪の様子を変化させることができます。  また、先端形状の異なる2台の除雪車で除雪の違いを味わうことができる遊具です。大きなケヤキの柱を手鋸で縦挽するのに苦労しましたが、銘木であるケヤキのすばらしさを学ぶことが出来ました。迫力をつけるためには、雪の量や形が課題です。第30回丹波の森ウッドクラフト展特別賞受賞作品。

作品名:優秀なメガネ兄弟 使用樹種:杉・ヒノキ・カナダヒバ等

写真:3枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 この作品は、筆記具を入れたり、メモ用紙を挟んだり、メガネを収納できる多機能ホルダーです。机の上に置いておけばとても便利な道具です。コーナーロッキングマシンやボール盤、木工旋盤などの機械を使い、加工手順や加工精度、基準面の取り方について学習を深めながら部品加工することができました。

作品名:安く安心階段(がんばれ改良階段) 使用材料:コンパネ 3×6

写真:3枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 考案の動機:大宮ろう学園のステージは、床から1メートルの高さがあります。これまでの階段(写真1)には手すりがなく、危険でした。そこで、現在の階段を改良して、手すりをつけて、安心して上り下りできる階段(写真3)を製作することにしました。階段は2分割にして、4人で移動可能な重さにしました。穴をたくさんあけて、その穴に指を入れて持ち運ぶことで、床に置くとき、指が挟まれないように工夫しました。この作品は、埼玉県発明創意くふう展で入賞しました。

作品名:鳥の森 使用樹種:ヒノキ・カナダヒバ・キリ

写真:2枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 この作品は、やじろべーの原理を利用した貯金箱です。貯金箱にお金を入れると、貯金箱が揺れて鳥も揺れます。でも、この鳥は、揺れても落ちることはありません。切り株の自然な形を利用した作品で、楽しく貯金することができます。第27回丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞を受賞しました。

作品名:ウッドギアトレーラー 使用樹種:ヒバ・スギ・ケヤキ・ナラ他

写真:4枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 トラックターとトレーラーの部分を切り離すことができます。トレーラーの支柱も動かすことができます。バンパーを引き抜くと、ボンネットを持ち上げてエンジンルームを見ることができます。ヒバの加工のしやすさと美しさを生徒は学ぶことができました。第25回丹波の森ウッドクラフト展文部科学大臣賞を受賞しました。

作品名:コンダクタトレイン

写真:2枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 無垢材の良さを知り、組み立ての難しさ、楽しさをぜひ体験してほしいと考え、ケヤキの柱を手鋸で縦挽してワフ22000型をイメージした車掌車を製作しました。厚さ20ミリ程度の板材にする作業は、体力が必要で大変でしたが、3年間かけて完成させた作品です。  荷物室の部分は、貯金箱になっていて500円玉だと40万円程度貯金できます。重くなると車掌車は動き出して、ストッパーに当たると、発光ダイオードが光ます。

作品名:ブリザードユラスクテラス 使用樹種:吉野杉・ケヤキ等

写真:1枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 この作品は、雪かき車(キ100型)をイメージして作りました。雪かき車の前部は、貯金箱になっています。500円玉を入れると50万円ぐらい貯金できます。貯金箱の鍵は、左の前照灯です。この前照灯を抜くとお金を取り出せます。レールの上に載ったこの雪かき車は、お金が貯まり重くなると、自然に動き出して、車止めに当たりランプが点灯し、お金がいっぱいになったことを知らせてくれます。第26回丹波の森ウッドクラフト展学校賞を受賞しました。

作品名:空気圧を利用した鍵付き机

写真:2枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 考案の動機 「高級たんすは、ひとつの引き出しを入れると、その空気圧によってほかの引き出しが少し飛び出すような構造で作られている」と聞いて、引き出しの出し入れの際に生じる空気圧を利用して、鍵がかかる机を製作することにしました。施錠・解錠には、親指で穴を塞ぎ、空気の流れを止める必要があります。鍵は、自分の親指です。面白い机です。

作品名:磁石を利用した机

写真:3枚 更新:2019/11/21 大宮ろう学園

 考案の動機 泥棒が侵入し、スチール製の鍵付きの机が壊されました。しかし、木製の机の引き出しは無事だったことがきっかけでした。その木製の机の引き出しに机の天板から釘が挿入されていて、その釘の先端は、引き出しの側板まで入っています。磁石でこの釘を抜かない限り引き出しは開きません。この方法を使い製作しました。机上の丸い磁石が挿入されている半球状の木を動かすことで施錠・解錠できます。面白い机です。