学校の活動

カテゴリ:ニュース

卒業生による進路講演会

 7月12日(火)に高等部および専攻科の生徒を対象に、進路講演会を実施しました。今回は、本校の卒業生である、内野環さん、上森日南子さんの2名に来校していただき、講演をしていただきました。

 進路決定に向けて本校在学中に取り組んだことや、現在の仕事や大学の様子などを具体的に話してくだり、これから進路決定をしていく生徒たちにとって、とてもためになるものばかりでした。

 また、生徒たちからはたくさんの質問があがり、その質問の一つ一つに丁寧に答えていただきました。「困難な出来事にぶつかっても自分から行動を起こすことを大切にしてほしい」、「小さなノルマ(目標)を達成していくようにすると、達成感が得られる」など、人生の先輩からのかっこいいアドバイスの数々に生徒たちは目を輝かせていました。

企業向け学校公開

6月21日(火)に、企業向け学校公開を行いました。
本校では、聴覚障害者の雇用を検討または既に雇用されている企業・事業所の皆さまに、本校の生徒や教育活動について知っていただき、聴覚障害への理解や知識を深めていただくことができるよう、毎年学校公開をしております。今年度は、20社の企業・事業所の方にご参加いただきました。
授業風景や施設の見学だけではなく、本校就労支援アドバイザーの春日幸三様から「聴覚障害者を雇用する際の配慮点」をテーマにご講演をいただき、社会で働く聴覚障害者の悩みやコミュニケーションの方法などについて、現状を踏まえながら丁寧に説明していただきました。
生徒の進路決定に向け、そして就職先等で一人一人が活躍できるよう、日々の教育活動に一層励んでまいります。

専攻科1年、高等部1・2年 進路見学会(前期)

6月7日(火)に高等部1年生、6月8日(水)には専攻科生・高等部2年生で、それぞれ進路見学会に行ってきました。高等部1年生は戸田市にある「マルイキットセンター」、専攻科生および高等部2年生は小平市にある「(株)ブリヂストンチャレンジド」、「東京障害者職業能力開発校」の2か所を見学させていただきました。会社概要や仕事内容だけではなく、仕事をする上での大切なことや、学生生活との違いについても知ることができ、実りの多い貴重な機会となりました。

<マルイキットセンター>

 

<東京障害者職業能力開発校>

就労支援アドバイザーによる進路講演会

5月27(金)に、専攻科生、高等部2・3年生を対象とした進路講演会を実施しました。

講師は、本校の就労支援アドバイザーである埼玉県聴覚障害者情報センターの春日幸三様でした。

「聴者とのコミュニケーションと身につけておきたいマナー」をテーマに、社会生活の中でろう者が問題に直面しやすい場面や、コミュニケーションの際に気を付けたほうが良いことなどについて、ご自身の経験を踏まえながらお話しいただきました。ろう文化や障害者雇用の現状などについても丁寧な説明をいただき、生徒からは多くの質問が上がりました。講演を通して進路決定に向けての意欲がより一層高まり、卒業後の生活について具体的に考える機会となりました。

ジップテニスアリーナ大宮様来校 テニスボールをいただきました!

11月5日、ジップテニスアリーナ大宮様より、たくさんのテニスボールを寄贈していただきました。

室内で使用していたボールとのことで、とても状態の良いボールです。椅子や机の脚に消音として付けるほか、子供たちのボール遊びにも活用させていただきます。 地域の方々のご支援に、心より感謝申し上げます。