学校の活動

カテゴリ:支援部

夏季公開講座の様子

令和4年度夏季公開講座の「きこえ」と「手話」を実施いたしました。

7月25日(月)に実施した「きこえ」では、リオネットセンター大宮店の羽田様とフォナック補聴器の鈴木様にきこえの基礎から最新の補聴支援機器の試聴まで幅広くお話をいただくことができ大変有意義な時間となりました。

参加者感想:補聴器とロジャーを活用している中等度難聴児童を担当しているため、その児童を思い浮かべながらうかがうことができました。実際に補聴器をつけたのは初めてだったので、体験することができて児童の気持ちを考えることができました。 等

 

7月26日(火)に実施した「手話」では、手話をはじめて学ぶ方達を対象に本校専攻科の生徒が内容をじっくりと考えました。普段手話を使っている生徒と実際にコミュニケーションをとることで多くの気づきが参加者の皆様にはあったようです。

参加者感想:手話の知識ゼロの状態で参加しましたが、あいさつや名前など身近な事柄から私たちの質問に答えてくださる形でとても分かりやすく、また楽しく参加できました。学生の方々がとても優しく、また説明も丁寧で分かりやすかったです。ありがとうございました。 等

【きこえの公開講座の様子】

夏季学校公開講座を行いました!


7月24日(水)に「きこえの基礎知識」、26日(金)に「はじめての手話」の公開講座を行いました。

どちらの講座にたくさん地域のみなさんや教育機関のみなさんのご参加をいただきありがとうございました。

きこえの基礎知識では難聴体験や人工内耳装用者の体験談、はじめての手話では本校専攻科の生徒が先生役になり小グループで簡単な手話から学びました。
互いを理解するためには今後もこのような交流を多く行っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

聴覚支援担当 聴覚活用


支援部聴覚支援担当が高等部の自立活動の授業で聴覚活用について授業を行いました。

クイズ形式での授業はとても盛り上がり、自分の聴覚について理解を深めていた様子です。

右上のおたより「みみだより」のコーナーもよろしければ見てください♬