学校の活動

学校の活動

明治安田生命保険相互会社様による出前授業

 7月12日(金)4限、公共の授業で、高等部第1学年の生徒を対象に、明治安田生命保険相互株式会社による出前授業を実施いたしました。

 「ライフデザインを考えよう」をテーマに、講師の方からキャリア形成の大切さをお話しいただきました。

 授業の後半は、上記の会社にお勤めの本校卒業生から、自分の高校時代のこと、仕事内容のことをご報告いただき、最後に、生徒への応援メッセージを寄せていただきました。

 生徒の皆さんには、高等部生活残り2年半、様々な経験を重ねながら、着実にキャリアを重ねてほしいと思います。出前授業の様子

 埼玉新聞15日(月)付 朝刊(8面)に取り上げられましたので、よかったらお読みください。

 

 

 

 

寄宿舎 卒業生講演会

 

7月10日(水)寄宿舎で卒業生講演会がありました。

講演者は卒業生であり元舎生です。自身の経験をもとに、

社会に出る前に今のうちに舎で学んでおいた方が良いことを

映像を交えながら講演していただきました。

とても素晴らしい内容で舎生たちは講演に見入っていました。

 

発表の最後に卒業生から「手話は使ってほしい」と話があり、舎生たちは手話の重要さ・大切さについて考える良い機会になりました。

 

 

小学部 6年生 社会科見学に行きました!

7/5(金)に小学部6年10組で国会議事堂と憲政記念会に行きました。この日は大変な猛暑だったので、暑さ対策を十分にしていきました。

国会議事堂では参議院を見学しました。本会議場は写真や教科書で見るよりとても広く、興味深く見学していました。中央広間では3人の銅像を、御休所では立派なお部屋を見ました。国会議事堂では手話で案内してくれる衛視さんにいろいろな質問をしました。

憲政記念館では本会議場が再現されたコーナーがあり、議員になりきって発言しました。

政治や国会について見学を通し、さらに深く学ぶことができました。

     

幼稚部 「お菓子」に関する手話

うだるような暑さですね…8月が末恐ろしい…

そんな時は「かき氷屋さん」!子どもたちはお金を作って、かき氷を買って、美味しいかき氷をパクパク食べてます!

「お菓子」に関する手話の動画です。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

 

 

幼稚部 夏祭り

7月4日(木)に夏祭りを行いました!

3年生の子どもたちが作ったお神輿を担いで、校内を練り歩きました。

そして、美味しいゼリーを食べて一休みした後は、

3年生の子どもたちが準備した屋台(ボーリングゲーム・ヨーヨーつり)を回って、幼稚部の夏祭りを楽しました!

幼稚部 7月に関する手話

梅雨に入りましたが…梅雨とは思えないくらい蒸し暑い日が続いていますね。

子どもたちは、毎日プールや水遊びを満喫しています!

7月に関する手話の動画です。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

寄宿舎 夏祭りを行いました!

 6月18日(火)寄宿舎で夏祭りを行いました。

 1部は食事会を行いました。行事係で考えたお祭りメニュー(焼きそば、焼きとり、お好み焼き、たこ焼き、きゅうり、ポテトなど)をおいしくいただきました。

 2部はいろいろなお祭りのゲームを楽しみました。射的では1等から3等までの的があり、倒せたら景品がもらえます。ヨーヨー釣りも釣れたら、ヨーヨーがもらえます。また、かき氷や綿菓子も自分で作って楽しみました。そして、今回の目玉はお化け屋敷です!舎生がお化け役となって、みんなを楽しませてくれました。そして、最後の花火ではみんなで記念撮影をしながら盛り上がりました。

 舎監の先生にも参加していただき、無事に終了することができました。ご協力、ありがとうございました。

寄宿舎 ダブルダッチ交流会

  6月12日(水)ダブルダッチ交流会を体育館で行いました。

  東洋大学ダブルダッチサークル「跳舞人(とぶんちゅ)」のメンバ 

 ー8人を招き交流しました。演舞の披露から技の紹介、技の指導をし  

 ていただきました。

 舎生は目を輝かせ真剣に技を習得しようと汗をかきながら頑張って

 いました。

  交流会では手話交流の時間を設け、舎生が大学生一人一人に

 手話ネームをつくり、果物の名前の手話を教え「フルーツバスケッ

 ト」の遊びを通して大いに盛り上がりました。

  大学生と積極的にコミュニケーションをとりながら、素敵な時間を

 共に過ごすことができました。

 

 

  

 

幼稚部 6月に関する手話(プール)

夏の到来!プールが始まります!

プールに関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

幼稚部 5月のあそび

夏がきたような暑さ!

とくれば、子どもたちが遊ぶのは”水”!絵の具を少し混ぜてできる”色水”は魅力的!お水をたくさん入れると薄い色になり、色を混ぜると他の色になる。いろいろ試しながら色水の世界に入り込んで遊びます。

できた色水は「霧吹き」を使って、水から霧の状態へ。ふわっと出てくる霧が面白くて、白い紙に吹きかけてきれいな色模様を実感していました。

「黒い紙にやったら花火になるんじゃない?」という子どもからの提案で、黒い紙にも筆で絵の具を振ってみました。色水から霧吹き、絵の具飛ばし…色水の世界が広がりました。

そして…キャンパスは”身体”!!

腕におなかに顔に…はじめは、おそるおそる描いていましたが、水とは違う絵の具の感触はたまらない!!

この感動を分けてあげようと他の友だちの身体にも一筆…体中絵の具だらけになっていくのを、見たり、感じたりしながら、笑顔の花が咲いていました。

デフバレーボール世界選手権2024

今月6月21日~6月30日に沖縄で開催されるデフバレーボール世界選手権2024に日本代表として参加される長谷山優美選手がご来校されました。大会ポスターをご持参いただき、その後練習にも参加してくださいました。長谷山選手は昨年度の小学部のバレーボール教室やそれ以前から本校のバレーボール部の練習に参加していただいています。長谷山選手、日本代表チームの活躍を心より祈念いたしていおります。

救急法訓練を行いました。

日本赤十字社の救急法指導員さま、JMFI公認講師さまをお招きして、

救急法の講習会を行いました。

100名を超える教職員で、いざというときのために心肺蘇生法の訓練を行いました。

 

幼稚部 6月に関する手話

暑くなってきましたね!子どもたちは、毎日、砂場や泥などで、水遊びを楽しんでいます!

着替えが多く、洗濯等で、保護者の皆さんにはお手数をおかけします。今しかできない、貴重な経験を十分に積み重ねていきたいと思います。

6月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

幼稚部 4月のあそび

4月から新しいお友だちが加わりました。

子どもたちは庭や室内でたくさん遊んでいます。好きな場所に行き、好きな遊びを十分に楽しみます。

庭や室内でも、クラスや学年を越えて、子ども同士で関わって遊ぶ様子がいつもみられます。

1年生(年少児)や2年生(年中児)は、3年生(年長児)の遊んでいる様子に興味があり、じっと見ています。アスレチックで登っていく様子を見て、「僕も!」と挑戦する子、一緒に制作して、同じような物を作る子など、3年生の遊びを見て、1・2年生の遊びも広がっていきます。

大宮ろう学園幼稚部の遊びが子どもたちの中で、継続されています。

端午の節句の会

4月30日(火)

端午の節句の会を行いました。

端午の節句について学習した後、こいのぼりの形をしたカップケーキを作りました。

材料を混ぜて、型に流し込み、オーブンで焼き上げ、マーブルチョコレートで鱗を飾りました。

 

 

 

 

 

 

可愛らしいこいのぼりがたくさん出来上がり、みんなで美味しくいただきました。

幼稚部 5月に関する手話

5月になりました!幼稚部の園庭には、毎日こいのぼりが泳いでいます!

5月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

寄宿舎 避難訓練

4月18日(木)、寄宿舎で火災を想定した避難訓練を行いました。
全員が、きちんと説明を聞いてスムーズに訓練ができました。

また、今回は、従来食堂で行っていた反省会を真っ暗な中庭で、懐中電灯やランタンを用いて発言者を照らしながら行いました。

この試みは、夜間時の避難を想定し、暗い環境で手話がどの程度見えるかや、必要な明るさを実際に体験することを目的としています。

結果、全員がとても集中して反省会に臨んでいました。

寄宿舎では有事に備え、今後も定期的に訓練を行っていきます。

幼稚部 4月に関する手話

今日から新年度が始まりました!

新しいクラス、新しい先生、新しいお友だちと一緒に楽しく過ごしていきたいと思います!

4月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

大宮アルディージャ様よりテントをご寄贈いただきました。

 大宮アルディージャ様より「かんたんテント」をご寄贈いただきました。アルディージャのマスコットキャラクター「アルディ」と「ミーヤ」そして手話応援デーの「愛してるぜ!」サインがプリントされています。学校行事等で活用させていただきます。ありがとうございました。

*撮影の都合上、高さを下げております。

寄宿舎 卒業お祝い会を行いました!

 3月5日(火)食堂にて「卒業お祝い会」を行いました。

 第1部は食事会で、豪華メニューのバイキングです。舎監の先生も参加していただき、みんなで楽しくいただきました。

 第2部では、「私は誰でしょう?クイズ」を行いました。卒業生の小さい頃の写真やエピソードを紹介しながら、誰なのかを当てました。次の「思い出のスライドショー」では、卒業生の懐かしい写真をみんなで楽しみました。最後に卒業生からの言葉があり、それに対して在校生からはアルバムのプレゼントがありました。終始温かい雰囲気の中、笑顔がいっぱいの会となりました。

寄宿舎 ひな祭りの会を行いました!

 2月29日(木)寄宿舎で小学部生を対象に「ひな祭りの会」を行いました。最初に、ひな祭りに関するクイズを行いました。ひな人形を飾る意味や、ひな祭りに食べるものなどについて知ることができました。次に、おひな様クレープを作りました。生地を薄く焼いて、ロールケーキに着物を着せるように作ります。最後にマシュマロを顔に見立てて、チョコペンで目や口を書いて出来上がり!上手に、おいしくできました。

 

 

バレーボール教室

2月21日(水)、デフバレーボール女子日本代表の選手5名にご来校いただき、小学部対象にバレーボール教室、高等部3年生に向けてのご講義、バレーボール部への指導をしていただきました。小学部のバレーボール教室では、初めてバレーボールをする児童が多かったものの、選手の皆様の明るい雰囲気と丁寧な指導でとても楽しい時間を過ごせました。高等部3年生への講義では、4月から社会に出る生徒に向けてたくさんのメッセージをいただきました。バレーボール部への指導では、一緒に練習をさせていただく中で個別にご指導をいただき、部員からも積極的に質問をする様子が見られ、1日を通して大変有意義な時間を過ごさせていただきました。5名の選手の皆様、日本デフバレーボール協会様に心より御礼申し上げます。
今年6月の世界選手権、来年の東京デフリンピックでのご活躍を祈念いたしております。


幼稚部 3月に関する手話

今年度も残り1か月となりました。

3月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

寄宿舎ディベート学習会(防災・こんなときどうする?)

 2月21日(水)寄宿舎でデフフッドの視点を持つためのディベート学習会を行いました。災害時や日常における様々なシーンに対し、YES・NOの立場に分かれ、それぞれの舎生が意見を出しあいました。

①電車に乗っているときに地震が起きて電車が止まってしまったら、隣の人に声をかけるか?
②地震で崩れた家の下敷きになってしまったが、周囲に助けてもらうために音を出し続ける?
③毎年の防災訓練、参加は自由だがアナウンスは音声のみ。参加するか?
④買い物でレジ打ちの時、店員に何か話しかけられた。当然わからない。聞き返す?

 

 

特に高等部の舎生からは活発な意見がでました。中学部の舎生も、そんな先輩の様子を見てディベート技術を学び、理解しようとチャレンジしていました。
今年度、初めての取り組みで円滑な進行が難しいと感じることもありましたが、これからも寄宿舎の独自の状況を活かした対話の場を設け、舎生がデフフッドの視点を学べるように努めてまいります。

寄宿舎 舎生総会・役員選挙

 2月20日(火)舎生総会が行われました。それぞれの係から1年間の反省を発表し合った後、より良い寄宿舎生活を送るため、意見を出し合いました。「〇〇がほしい」「〇〇は2つあるから要らないのでは?」など、お互い積極的に発言し合うことができました。今後もより良い寄宿舎生活が送れるよう、舎生みんなで力を合わせていけたらと思います。

   

 各係・部屋の1年間の反省発表     より良い寄宿舎生活のための議論

 

 

 舎生総会の後、令和6年度役員選挙を行いました。立候補者が立会演説を行った後、本当の選挙のように一人ずつ投票用紙に記入し投票箱に投函しました。選挙結果が出ると全員からの暖かい拍手の中、所信表明を行いました。今後、現役員と新役員の引継ぎを行っていく予定です。

     立会演説

         本当の選挙のように一人ずつ記入し投票

 

寄宿舎 「卒業生とダブルダッチ交流会」

 2月13日(火)「卒業生とダブルダッチ交流会」を実施しました。

当日まで卒業生は誰かは秘密!現れた卒業生を見て驚いて興奮する様子がありました。

卒業生にとっては久しぶりのダブルダッチでしたが、難なく跳んでいたので流石の貫禄。

その後キックベースをやり、大熱戦の楽しい試合となりました。

係の舎生が中心となって進めた本イベントは大成功!!

卒業してもこうして寄宿舎のイベントに参加してくれる卒業生に感謝です。

元気な姿を見ることができ、指導員一同嬉しい気持ちになりました。

 

 

 

 

幼稚部 2月に関する手話

先日は雪が降り、子どもたちは雪の感触を楽しみたくて、元気に外で走り回っていました!

♬雪やこんこ、あられやこんこ、降っても降っても まだ降りやまぬ

子どもは喜び 庭かけまわり 大人はお部屋で丸くなる♬

2月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

幼稚部 まめまき週間

2月のまめまき週間。今年も怖い鬼がやってきました!

1日目は2階から鬼がでたぁ!

2日目はフェンスの向こうから鬼がでたぁ!

3日目は庭に鬼がでたぁ!豆を投げてやっつけろ!

最後に鬼さんと、「けんかしないで仲良くするよ」「ごはん好き嫌いしないで、たくさん食べるよ」と指切りして約束しました。

実は鬼さんは、幼稚部の庭へ行く前に小学部1年2年の教室へお邪魔しました。

昨年幼稚部の時に泣いていた小学1年生たちは、泣かなくてビビりながらも鬼の質問にちゃんと受け答えして立派でしたねぇ。

トイレでばったり会った子は、びっくりして「終わり!終わり!」と連呼してました笑

小学2年生たちは…思いっきり豆を投げられて、金棒も取られそうになり、鬼のパンツも脱がされそうになりました…。鬼より強すぎる…かないません汗。

幼稚部 1月のあそび

2024年が始まり、お正月あそびをしました。

凧あげ、福笑い、こままわしなど。遊ぶ物は自分たちで作ります。作る過程からあそびは始まってます。友だちとやりとりしながら、作り方を知ったり、完成した達成感を友だちや教員と一緒に味わうことができたり、心の成長につながってます。

朝は気温が低く、前日に水を張って置いておくと、冷たい氷になってます。氷を見つけると、そっと触ってみます。次の日も次の日も氷ができているか、興味をもち、寒くても元気に外へ走って、確認しに行ってます。

幼稚部 劇の発表会

1月27日(土)土曜参観の日に、幼稚部では劇の発表会をやりました!

各学年ごとに発表です。大勢のお客さんの前に出ることは、子どもたちにとって緊張したかと思いますが、「友だちと一緒だからできる!」「大好きな家族が見ててくれて嬉しい!」そんな気持ちをもって、子どもたちは頑張って発表しました!子どもたちの成長を実感した行事になりました。

1年生「5ひきのやぎのがらがらどん」

「3びきのやぎのがらがらどん」の5匹バージョンです!トロルとただ戦うだけじゃない!いろいろな武器を自分で選んでやっつけます!

2年生「ぺんぎん・きりんの鬼退治!」

桃太郎のストーリーを子どもたちが大好きなポケモンに変えました。もらうのはきび団子ではなく、モンスターボール!船に乗って鬼が島へ行き、モンスターボールを投げて鬼をやっつけます!

3年生「8この宝」

電気が大好きな男の子と、おしゃれをしてお姫様になるのが大好きな女の子たちに合わせて、オリジナルストーリーの劇です。夢の国で王様とお姫様たちが暮らしていたところ、突然雷が鳴り、電気が消えてしまった!真っ暗な闇の中で、電気の宝を探して、最後に明るく照らします!

 

寄宿舎 保険学習会「アンガーマネジメント」

1月30日(火)寄宿舎にて保健学習会を行いました。

アンガーマネジメントについて、本校の養護教諭から話を聞きました。

「怒りの沸点はそれぞれ違う」「相手と自分の怒りのポイントが違う」など、怒りの感情について勉強しました。

そして、怒ってしまったときどうするか?怒りをコントロールする方法「アンガーマネジメント」の説明がありました。

「アンガーマネジメントゲーム」というカードゲームを使ってより深く学ぶことができ、有意義な時間となりました。

人間関係をよりよくしていくために必要な知識を、今後も寄宿舎生活を通して学んでいきたいと思います。

    

埼玉上尾メディックス試合観戦

2月4日(日)に、埼玉県立武道館様・埼玉上尾メディックス様にご招待いただき、V1リーグ 埼玉上尾メディックス対日立リヴァーレの試合を観戦しました。手に汗握る試合展開に部員たちは興奮を抑えきれず、ゲーム終盤は得点が決まる度に立ち上がって、声援を送っていました。トップレベルの技術、会場の一体感を体験することができ、大変有意義な時間となりました。ご招待いただいた、埼玉県立武道館様・埼玉上尾メディックス様に心より御礼申し上げます。
来週のレギュラシーズン最終ゲーム、ファイナルステージでのご健闘をお祈り申し上げます。

大宮国際中等教育学校と交流会を行いました。

1月12日㈮に大宮国際中等教育学校から3年生,4年生,5年生の10名が来校し、高等部本科1年生,2年生と交流を行いました。

3グループに分かれ、創作劇!

テーマは「 みんなが知っている物語 + もし主人公が聞こえなかったら 」です。

 それぞれのグループで、物語は何にするか、役割、セリフなどなど

生徒同士で、筆談やジェスチャー、簡単な手話を使って積極的にコミュニケーションをとっていました。

   

 

 

 

 

 

   Aグループ 桃太郎         Bグループ 3匹の子豚       Cグループ 桃太郎

 

高校生らしいユーモアのあるオチで笑い合い、有意義な交流ができました。

寄宿舎 節分の会

 

2月1日(木)に寄宿舎で「節分の会」を行いました。

鬼は外~!と、鬼に本物の豆を投げて、舎生たち・寄宿舎にある厄を追い出しました。

福は内~!と、福を招き入れ、厄がこないようにしました。

 

本物の豆で豆まきをする舎生は何人か初めてでしたので、大盛り上がりでした!

 

終わった後は舎生たちで食堂を掃除し、豆を食べました。

今年も健康で過ごせますように!

  

      鬼は外~!!         後片付けの掃除もしっかり!

 

第16回カルタ大会(高等部)

授業参観が行われた1月27日(土)の放課後、高等部で第16回カルタ大会が開催されました。

一般的には声で行われる百人一首、聾学校ではどうやるの?と思われる方もいるかもしれません。

本校では毎年25首ずつ扱い、正面に表示された歌を見て持ち札をとる速さを競う、という方法で実施しています。

各学年で予選を行い、この日決勝(本戦)を行ったのですが…このカルタ大会、近年特に盛り上がっているのです。

生徒たちは息もできないような緊迫感の中、上の句を出されただけで目にもとまらぬ速さで札をはじきます。そして、礼に始まり終了後には自ら握手を求め互いをたたえ合う…という清々しい姿は、まさに青春群像劇の一部と言っても過言ではないほどです。

今年度は生徒や教員だけでなく、保護者の方も応援に来てくださり、より白熱した戦いが繰り広げられました。

高3生の優勝で幕を閉じた今年度のカルタ大会、今から来年に向けて気合十分です。ぜひご注目ください!

5年生 社会科見学

 

   

  

 5年生は、社会科見学でUDトラックス上尾工場に行ってきました。

行き帰りでは公共交通機関を利用しましたが、公共マナーをしっかりと守ることができました。

見学では、UDトラックスの歴史や物流、トラックの種類について学びました。また、工場ではトラックが完成するまでの工程を見学しました。

トラックの試乗では、大きなハンドルや高い座席に興奮した様子でした。とても楽しい一日になりました。

寄宿舎 防犯訓練

1月23日(火)夜、大宮警察署生活安全課から署員1名来てくださり、防犯訓練を行いました。加えて職員は、さすまたの使用方法についての講習を受けました。

舎生に紛れて不審者が舎内に侵入する想定で訓練を行いました。警察署員から安全で速やかな避難方法を学びました。その後の学習会では、舎生からニュースで見る様々な事件に遭遇したときの対応方法について質問に答えて頂きました。舎生はみな積極的に参加していました。

 

   ナイフ怖い~ さすまたで撃退だ!    不審者を入れさせない!!        警察署員の話を真剣に聞きます

寄宿舎 舎生集会

 1月18日(木)舎生集会を行いました。それぞれの係、部屋の代表が3学期の目標を発表しました。その後、よりよい寄宿舎生活を送るために意見を出し合いました。最後に選挙管理委員が2月に行う「令和6年度 寄宿舎役員選挙」についての説明をしました。

 

 みんな真剣に聞いていました       目標発表          選挙管理委員より      

小学部3年生 社会科見学

社会科見学で、ロッテ浦和工場へ行ってきました。目の前でたくさんのガーナチョコレートが作られていて大興奮!

楽しく見学することができました。帰りにはお菓子のお土産をもらって大満足な1日になりました。

幼稚部 1月に関する手話

2024年がスタートしました!

1月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話に使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

幼稚部 12月に関する手話

今年も残りわずかとなりましたが、

12月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

寄宿舎 舎生集会

 寄宿舎最後の宿泊日(12月21日)、舎生集会を行いました。

2学期の反省を各部屋、係から発表し合い9月からの舎生活を振り返りました。

お互いの発表を真剣に見つめていました。

寄宿舎 お楽しみ会

 12月13日(水)寄宿舎で「お楽しみ会」を行いました。第1部の夕食会では、行事係の生徒が考えたメニューをバイキング形式でいただきました。栄養教諭の山本先生、調理員のみなさん、おいしい食事をありがとうございました!

 第2部の前半は体育館に移動し、バスケットボールを行いました。勝ち負けよりも、チームメイトを思いやる場面がたくさん見られ、いい試合となりました。後半はもの当てゲームを行いました。箱に入ったものを触って当てるゲームです。最後は何と、舎監の先生に入ってもらうというサプライズもあり、大変盛り上がりました!ご協力、ありがとうございました。

  

 

 

 

 

 

幼稚部 もちつき会

12月15日(金)もちつき会をやりました!

前日に、3年生が買ってきてくれた「もち米」をといて、明日のもちつきを楽しみにしていた子どもたち。

当日は、天気が心配でしたが、おもちの神様も味方してくれて、雨も降らず予定通り実施できました。

重いきねを頑張って持ち、よいしょ!よいしょ!おもちを頑張ってつきました!

ついて出来上がったおもちを、こねこね丸めて鏡餅を作ったり、木の枝にさして「おもちの花」を作ったり、不思議なおもちの感触を楽しむことができました。

幼稚部 おたのしみ会

12月8日(金)まだクリスマスではありませんが、あわてんぼうのサンタクロースが大宮ろう学園に来ました!

それぞれのクラスへやってきて、子どもたちとお話しタイム!

「歳はいくつなの?」「100歳じゃよ~ホ~ホッホホ~」「おうちはどこなの?」「遠~いところ、雪がたくさんふるところだよ~ホ~ホッホホ」「煙突じゃなくて、どこから入ってきたの?」「あの換気扇の穴からじゃよ~ホ~ホッホホ」

そのあと、サンタさんと一緒にそれぞれのクラスで絵本を一緒に見たり、風船ゲームやもぐらたたきゲームをしたりして、一緒に楽しく過ごしました。そして、最後にプレゼントをもらいました。

今度は、本当のクリスマスの日に、みんなのお家にプレゼントを渡しに行くね~と帰っていきました。

幼稚部 11月の遊び

子どものイメージをきっかけにディズニーランドをテーマに環境設定しました。園庭全体が「大宮ろうディズニーランド」に!ディズニーランドに行ったことがある子もない子も関係なく、いろいろなアトラクションを回って夢中になって楽しむ様子がありました。

スマホを作って、カシャ!自撮り!映えるねぇ~!写真を撮るだけではありません。売店で買い物するときは、ピッ!スマホ決済で支払います。令和の時代ですね笑

それぞれのアトラクションの看板を立てるイーゼルは、高等部の保護者が手作りで作った物を使わせてもらいました。どうもありがとうございました!

教員が設定したアトラクションとは別の場に、子ども自身が新しいアトラクションを作る姿もありました!教員が設定した遊びのモデルを取り入れて、自分で遊びを主体的に作る姿が実現されていました!

くすっと笑えるエピソードを一つ。

たまたま教員が東京ディズニーランドへ行って買ってきた本物の風船を、家から持ってきて園庭に縛りつけておきました。

「その風船ください」と子どもが風船を買いにきました。

お店役の子どもが「いいですよ~」とハサミでチョキン!あっ…あっ…あ~~~!!!!!!

風船は空高く飛んでいってしまいました…。

ある子どもが、「雲の上にいる鬼さんが、風船を取ってくれるよ」と。

節分の時に、鬼さんが風船を持ってきてくれるようです…。え!?マジか!?

(もう一回、東京ディズニーランドへ風船を買いに行かなきゃいけない!?(汗)) 

大宮アルディージャ交流会

 大宮アルディージャの選手(大山啓輔選手・阿部来誠選手・貫真郷選手・若林学歩選手・鈴木俊也選手)と、小学部高学年児童との交流会を行いました。コロナウイルス感染症の影響で、しばらく直接の交流ができなかったのですが、久しぶりの直接交流!

 選手の皆さんは、手話で自己紹介の練習をしてきてくれました。お互いにぎこちなさがある中でのスタートでしたが、一緒に鬼ごっこで身体を温め、ボールを使うと選手もキラキラ、子どもたちもキラキラ。子どもたちと選手のミニゲームでは、華麗なドリブル、強烈なシュート、身体を張ったディフェンスと、子どもたちの好プレー連発。選手の皆さんは、スピードのあるドリブルや華麗なパス回しで子どもたちを振り回しプロの意地を見せるものの、ゲームは子どもたちの圧勝。笑顔があふれる交流会となりました。アルディージャの皆さんからは、イベント用のテントと選手のサイン入りベースボールシャツのプレゼントをいただきました。短い時間でしたが、お互いにいろいろな思いを胸にできた交流会でした。

 アルディージャの皆さん、ありがとうございました。そして、来シーズンもしっかり前を向いて頑張ろう!!

 

幼稚部 11月に関する手話

季節外れの暑さが続いてましたが、やっと気温が下がり、秋らしくなってきましたね。

11月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

寄宿舎ダブルダッチお疲れさま会

10月31日(火)19時より、寄宿舎食堂にて「ダブルダッチお疲れさま会」が行われました。

のばら祭で4年振りの舞台発表を行った当日の映像をみんなで鑑賞しました。

最後に舎生による感想発表や職員からの労いの言葉があり、楽しく笑顔あふれる会になりました。

 

幼稚部 10月のあそび

庭のミカンの木、今年は大豊作!

実が青いうちからミカンを取って、味見をしていました。「すっぱい!!」と言いながらも、自然のめぐみを味わっていました。

取っても取っても減らないミカン、まるで「魔法のミカン」です。実が黄色くなる頃には、たくさんのミカンを取って「ミカン屋さん」を始めました。

次は、持ってきた絞り器でミカンを絞って、ジュース作り。紙で作ったお金をもって並んで、順番を待ちます。お店では、ミカンを取る人、切る人、お金をもらう人…役割分担もばっちりです。(今までの遊びが活きています)ジュースを絞るのはセルフサービス、コップに入れて完成です。

とても甘くて美味しいジュース!どこにもない大宮ろう学園の秋の味でした。

幼稚部 9月のあそび

<「9月のあそび」の掲載が遅くなってしまい、ごめんなさい汗>

二学期が始まり、「ごっこ遊び」を楽しむ姿がたくさん見られました。

3年生はお金づくりをきっかけに、段ボールや空き箱を使って、友だちと相談しながら、銀行を作り始めました。子どもたちは、生活の中で出会う場、人、モノをよく見ています。「通帳が必要だね」「機械(ATM)には数字のボタンがあるよ」「コンビニに銀行があるよ」など、やりとりもどんどん広がります。

1・2年生も誘い、銀行の前には通帳とお財布をもった人の列!出金、入金、通帳記帳を銀行員の子が丁寧に書いたり、機械(ATM)を通して渡したりします。

銀行ごっこは一つの例ですが、他にも美容院やおばけやしきなど、毎日の生活や遊びの過程だったり、発展したりすることで、遊びが広がっています。

「イメージする力」「再現する力」「友だちと伝え合う力」「思考力」子どもたちは「ごっこ遊び」を通して、たくさんの力を育んでいます。

ビブリオバトル in 高等部

読書がはかどる気候になってきた11月の初旬、国語の授業の一環としてビブリオバトル(本の書評合戦)を行いました。

対象は2年の普通科生3名。夏休みに読んだ本の中から紹介したいものを選びました。

ビブリオバトルは5分間で本の紹介をしチャンプ本を決める、というものですが、どのような切り口から発表するか?あらすじはどの程度話すとよいか?など、本に興味を持ってもらうため工夫を凝らす必要があります。

練習時には自分の発表を動画で確認し、「これだとネタバレになってしまってつまらないかも」「読んでない人にはこれだと分かりにくそう」と各々ブラッシュアップを重ねました。

本番前は緊張の面持ちでしたが、無事発表を終えることができ、自信にもつながったようです。

ちなみに、今回のチャンプ本は「かがみの孤城(著:辻村深月)」!ぜひ皆さんもご一読ください。

幼稚部 10月に関する手話

もう10月が終わってしまうのに…遅くなって申し訳ありません汗

10月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

さんすう・すうがく屋さん

先日、本校の重複部でさんすうすうがく屋さんを実施しました。

小学部から高等部まで、色々な学年の子どもたちが、体育館で一緒に活動をしました。

お互いに、考えたり、教えあったり充実した活動ができました。

幼稚部 大学生の保育体験

9月28日(木)に、幼稚園教諭や保育士を養成している「桜の聖母短期大学」の教授と学生5名が来校しました。

本校幼稚部の子どもを主体とした保育実践の内容を学生にも実体験させたいと、遠く福島から来てくれました。

学生たちは、幼稚園や保育園での保育実習の経験はありますが、ろう学校幼稚部は初めてです。ろうの子どもたちと初めて関わります。最初は不安だったようですが、目と目を合わせてしっかりと向き合っているうちに、子どもの気持ちが伝わり、不安もなくなり、とても楽しい一日だったとのことです。

午後には、幼稚部教職員も交えて、教授から講話をしていただいたり、学生たちと感想や保育環境に関する意見交換をしたりと、有意義な研修を行うことができました。

寄宿舎 お月見会

今年の十五夜は9月29日(金)です。

寄宿舎では、9月26日(火)、28日(木)の2回に分けて「お月見の会」を行いました。

26日の放課後に、小学部が集まり丸い形のおやつ作り。

たこ焼き器にホットケーキミックスを流し込み、中にソーセージやチーズを入れ、真ん丸の

ベビーカステラをつくりました。

中高生は28日の夕食後にグラウンドに出て、月の鑑賞。

雲一つない夜空に丸いお月さまが浮かび、各々がスマホを片手にカメラに収めていました。

寄宿舎 避難訓練

9月26日(火)夜、さいたま市北消防署 植竹出張所から消防士さんが来てくださり、コロナ前から数年ぶりに寄宿舎において深夜1時を想定した火災避難訓練を行いました。

消火器訓練の際は、みんな興味を持って楽しんで体験することができました。

最後に消防士さんからの話を聞き、舎生たちは積極的に質問し、大変良い学びの機会となりました。

 

 

幼稚部 9月に関する手話

やっと気温が下がってきて、9月らしくなってきましたね。

9月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

ノーマライゼーションアートコミュニティーinおおみや

毎年行われているノーマライゼーションアートコミュニティーinおおみやで、今年も中学部高等部美術部員の作品を展示します。

場所:JR大宮駅コンコースイベントスペース

期間:9月9日㈯~9月14日㈭

 

生徒の力作を、ぜひご覧ください。

 

寄宿舎 夏休みバーベキューを行いました!

 8月29日(火)寄宿舎で「夏休みバーベキュー」を行いました。始まりの会の後、班に分かれて、買い物、おにぎりやそうめん、やきそばなどの準備をしました。準備が終わったら食堂に集まり、乾杯をして食事会がスタートしました。まずは職員がコンロの前に立ち,肉や野菜を焼きました。舎生たちは食堂内で食事を楽しんだ後、焼き係のメンバーが職員と交代をして、頑張って焼いてくれました。デザートのかき氷を食べて食事会は終了しましたが、後片付けも班ごとにみんなで協力して、無事に終了することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大宮ろう学園創立100周年・植竹中学校創立70周年記念交流作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、県立特別支援学校大宮ろう学園と市立植竹中学校は、それぞれ創立100年、創立70年という節目の年を迎えました。そこで、両校の生徒の作品を合同で発表する交流展を開催しています。

大好きな世界を生き生きと描いた作品をどうぞお楽しみください。

2023.8.21(月)~8.25(金) 午前8時30分~午後5時

さいたま市北区役所1階 多目的室

  

 

 

小学部5年生 林間学校に行ってきました!

7/24(月)~25(火)に小学部5年生で林間学校に行ってきました。

1日目は、9:30に学校を出発して小川げんきプラザに11:30頃到着しました。みんなでお弁当を食べたあとは、スタンプラリーやザリガニ釣りなど外遊びを楽しみました。天気が良くてとても暑かったので、休憩をしながら進みました。初めての体験も多くワクワクしながら過ごしました。夜は夕飯を食べたあとキャンドルファイヤーをしました。お風呂や寝るまで友達と一緒に過ごすのは初めてなので、新鮮さを感じていました。

 

 2日目は、プラネタリウムや室内遊びをしました。みんなでルールを決めて仲よく遊ぶことができました。12:30にげんきプラザを出発したあとは、東秩父村和紙の里で紙漉き体験をしました。紙漉き体験は初めてで、道具の重さや紙ができるまでの行程に驚いたり興味を持ったりしていました。帰りのバスではゆっくり休みながら16:30頃学校に到着して解散しました。

2日間通して自然に親しみ集団での生活を送ることで様々な体験学習ができました。この経験を今後の学校生活や宿泊で生かしていきたいと思います。

 

     

 

    

 

幼稚部 ゆうすずみ会

幼稚部3年生(年長児)は、夏休み最初の日である7月21日(金)にゆうすずみ会を行いました。

プールで水遊びの後、スイカ割りで盛り上がり、みんなで作ったカレーを食べ、

怖いお化け屋敷に勇気をもって入り、お化けから取り戻した花火を楽しみました。

普段と違った環境で、様々な活動を楽しみ、子どもたちは一回り成長した一日となりました。

御協力頂いた保護者のみなさま、ありがとうございました。

 

第72回関東聾学校バレーボール大会

第72回関東学校バレーボール大会が、武蔵野の森総合スポーツプラザで7月26日、27日の2日間実施されました。日々の練習の成果を発揮し、12年ぶりの入賞(3位)をすることができました。日頃よりご理解・ご協力をいただいている保護者の皆様、応援してくださった様々な方々に感謝申し上げます。引き続き、地道にコツコツと練習を重ねていきます。

第10回全国高校生手話パフォーマンス甲子園予選結果

第10回全国高校生手話パフォーマンス甲子園予選に、高1・2名、高2・3名で、応募しました。

7月28日(金)に審査結果が、YouTubeで配信されました。

(今回は37都道府県から、69チームの応募があったそうです。)

結果は、予選を通過しました!

9月24日(日)の本大会(鳥取市のとりぎん文化会館で行われます)に向けて、頑張っていきたいと思います。

R5年度夏季公開講座を実施しました!

7月24日(月)に「きこえ~人工内耳の基礎・支援について」を日本コクレア様の講師の方に来ていただき開催をしました。

日々、進歩している補聴器機(人工内耳)について詳しくお話をいただくとともに、たくさんの質問にも丁寧にご回答をいただきました。

 

 

 

 

 

 

7月25日(火)に「はじめての手話」を本校専攻科の生徒を講師役として開催しました。

最初は生徒も緊張をしていましたが、少しずつお互いの言いたいこと、伝えたいことがわかっていくと笑顔が増え、あっというまに時間が過ぎていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 今後もこのような講座や学習会を通じて本校だけでなく、地域の方にも聴覚障害について理解を広げていけたらと思っています。

地域の学校でこのような聴覚障害理解についてご相談がありましたら、大宮ろう学園相談支援センター(特別支援教育コーディネーター・聴覚支援担当)まで連絡をお願いします。

舎生集会

7月18日(火)寄宿舎で舎生集会が行われました。

各舎室の代表や係のリーダーから、1学期の反省などの報告がありました。

「目標が達成できてよかったです。」「みんなと沢山コミュニケーションがとれてよかったです。」などの前向きな報告が多く、聞いている舎生にも笑顔が見られ、終始和やかな雰囲気で集会が進みました。

1学期を通して困ったことや改善してほしいところなど、自分達の生活の見直しもしっかりと行い、意見を伝えることができていました。

 

寄宿舎 スマホ・ケータイ安全教室

7/19(水)、KDDI株式会社様より、ろうの講師をお招きし、寄宿舎で「スマホ・ケータイ安全教室」を行いました。

手話によるわかりやすい説明で、スマホの安全な使い方やSNSの恐ろしさ・危険性を改めて学習しました。

夏休みに向けてスマホやSNSでの事故がないように、ひとりひとり気を付けてほしいと思います。

    

質疑応答も、とても盛り上がりました。

最後は寄宿舎役員から、講師の方に感謝の気持ちを伝えました。

幼稚部 「お菓子」に関する手話

幼稚部では、子どもたちが様々な材料(折り紙や花紙など)や廃材を使っていろいろな物を制作し、いろいろなお店ごっこが展開します。

年長児の子どもたちが、いろいろなお菓子を作って、「お菓子屋さん」が展開しました。

年中児や年少児がお菓子屋さんへ買いに行き、子ども同士で豊かなやりとりが繰り広げられています。

子どもたちが作ったお菓子を紹介しつつ、「お菓子」に関する手話の動画です。

おそらくお家でも、お菓子についての会話は日常茶飯事でしょう。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※読み取り音声が付いております。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

 

 

寄宿舎 ダブルダッチ交流会

 7月10日(月)ダブルダッチ交流会を体育館で行いました。東洋大学ダブルダッチサークル「跳舞人(とぶんちゅ)」のメンバー10人を招き交流しました。

 演武の披露から技の紹介、技の指導をしていただきました。舎生は目を輝かせ汗かきながら真剣に技を習得しようと頑張っていました。

 練習中や休憩中も積極的にコミュニケーションをとりながら、素敵な時間を共に過ごすことができました。

      

小学部6年12組 社会科見学

国会議事堂に行きました。

社会科で学習した内容を思い出しながら、参議院と憲政記念館を見学しました。

手話で案内をしてもらいながら、本会議場や御休所、銅像を見て回りました。案内をしてくれた方に積極的に質問をする様子もあり、充実した社会科見学となりました。

  

幼稚部 夏祭り

7月7日七夕の日に「夏祭り」を行いました!

遊びの時間に、みんなで飾り付けた「おみこし」を担いで校内を練り歩き、

冷たくて美味しいゼリーを食べて一息ついて、

年長児の子どもたちが準備した「ヨーヨー屋さん」へGO!

みんなでヨーヨー釣りを楽しみました!ヨーヨー屋さんには、小学部のお兄さんお姉さんも来てくれました!

寄宿舎 七夕の会を行いました!

 7月4日(火)寄宿舎で七夕の会を行いました。参加者は小学部の4名。人数は少なかったですが、仲良くクイズをしたり、みんなで協力してゲームを楽しんだり、とてもいい雰囲気で行われました。

<第1部 七夕クイズ>

 七夕に関するクイズに、みんな積極的に答えてくれました。自分が答えたくても、友達に譲るなど、ほほえましい場面も見られました。

 

 

 

 

 

 

 

<第2部 宝探しゲーム>

 舎内に隠された星を探して、そこに書いてある文字を並べていくと、宝のある場所が・・・。途中難しかったところもありましたが、みんなで協力して星を10個探し、最後は宝物を探し当てることができました!

 

 

幼稚部 7月に関する手話

7月になりました!夏本番です!

7月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

さいたま市立泰平中学校講演会

本日、さいたま市立泰平中学校の総合的な学習の時間に、

お招きいただき、「ろうの世界のこと」について講演会を行いました。

暑い中、生徒のみなさんは真剣に話を聞いてくださり、

いくつか、手話を覚えてくれました。

2学期にまたお会いできるのを楽しみにしています。

  

幼稚部 「海の生き物」に関する手話

幼稚部では、子どもたちが段ボールや廃材を使って、船や車やいろいろな物を作って遊びを広げています。

たくさんの魚を作って、「魚つり」の遊びも盛り上がっています。

子どもたちが作った物を紹介しつつ、「海の生き物」に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい表現です。

寄宿舎 夏まつり

 6月22日(木)寄宿舎で夏まつりが行われました。

今年の夏まつりはコロナに関する制限がないため、何年かぶりにそれぞれの舎生達が笑い合いながら屋台風のメニューを美味しくいただきました。山本栄養教諭をはじめ調理員さんが頑張って調理してくれたおかげです。ありがとうございました。

 夏まつり2部では行事係を中心に「射的」「わなげ」「水風船ヨーヨー」「スーパーボールすくい」「かき氷」「わたがし」を行いました。今年は小中高の色々な舎生と交流できました。これを機に本来の夏まつりの雰囲気、そして様々な舎生と触れ合うことの楽しさを学ぶことができたと思います。

 

 

 

 

 

 

↑チョコバナナ・焼きそば・焼き鳥・ベビーカステラ・たこ焼き・枝豆さらにお好み焼き・フライドポテトもありました。

  行事係から第2部の説明

 

 

 

 

 

 

第2部の様子

幼稚部 5月の遊び

幼稚部の庭には色々な虫がいます。

チョウ、アリ、ダンゴムシ、バッタ、トンボ、メダカ、おたまじゃくし、ヤゴなどなど。

子どもたちは自然の中で、虫と触れ合いながら、色々なことを学んでいます。虫の不思議さ、捕まえるにはどうしたらよいか、どんな触り方しようか、強すぎると弱ってしまう、優しく触ってみよう、などなど。

生き物の動きが面白くて、いじくり回しまうこともあるけど、虫と関わる中で生命の大切さも学んでいます。

ザリガニがきた!!

幼稚部にザリガニがきました!初めてのザリガニ。おそるおそる…触りたい!でもこわい!

「ハサミがあるから危ないよ」「ここを持ったほうがいいよ」子ども同士で伝え合いながら観察しています。

ザリガニの水槽を外の通路に置いといた時に、少し目を離した隙にカラスに食べられてしまいました泣

片方のハサミだけが残っているのを見て、子どもたちは茫然。3年の子どもたちは、クラスでザリガニの名前を付けて、毎日エサをあげて育てた大切なザリガニが死んでしまって大泣きした子もいました。残った片方のハサミを土に埋めて、自分で絵を描いてお墓を作りました。

生命は本当にかけがえのないものだということを深く学んだと思います。

 

言語聴覚士を目指す大学生の見学・体験(報告)

 

6月7日(水)に群馬パース大学言語聴覚学科の大学生が来校しました。

言語聴覚学科の学生の見学は初めてです!将来、言語聴覚士となり、聴覚障害をもつ子どもたちとも関わりをもつかもしれません。今回の見学が、将来の糧になりますように。

〇今回の経験を活かし、ろう者の気持ちを理解できる言語聴覚士になりたい。

〇「手話」の重要性を実感した。「今日はあえて通訳を付けません」と、ろう教員の説明を受けたが、「手話」「筆談」での説明で、内容を理解できた。手話のみだったら、理解できない。普段とは違う「逆の立場」を経験し、ろう者の気持ちを考えるきっかけになった。

〇「結婚するなら、ろう者か健聴者か」という生徒が作成した提示物で、「聴者の人に手話を覚えてもらうのはかわいそう」という意見にハッとした。この考えをもたせてしまったことについて考えさせられた。言語聴覚士として、聴覚補償の支援だけでなく、ひとりの人として接していこうと思った。

〇子どもたちにうまく伝えることができず悔しく思った。でも、手を引っ張って呼んでくれたり、笑顔を見せてくれたり優しい子たちばかりで嬉しかった。手話を学びたいと強く思った。

〇ろう学校と地域の学校とでは、もちろん違うところがたくさんあると思いますが、この学校でしか感じられない良さがあり、とても素敵な場所でした。

 

 

幼稚部 プールに関する手話

今週から、子どもたちが大好きなプールが始まります!

プールバッグをもってきて、遊びの時に手放さずに、ずっと持っている子もいました笑

プールに関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

救急法講習会を実施しました

6月2日(金)の午後は、日本赤十字社の講師の方をお招きし、教職員を対象に救急法講習会を行いました。

胸骨圧迫の方法やAEDの使い方、緊急時の対応など 、講師の方から専門性の高い知識を学ぶことができました。

その後は各グループに分かれて実際の場面を想定した訓練を行うなど、緊急時に備え、充実した研修となりました。

 

和光紙器さまより、寄贈頂きました。

今回は、テニスボールが、たくさん詰まった車です!

細やかな仕掛けのあるトラックで、かわいい運転手さんが、操縦しています。

職員玄関で、皆様をお出迎えいたします。

また、段ボールもいただきました。こちらは、子どもたちの活動に使わせていただきます。

ありがとうございました。 

幼稚部 6月に関する手話

あっという間に6月になりましたね。

6月に関する手話の動画です。

ぜひ手話を覚えて、お子さんとの会話で使ってくださいね。

※手話にはいろいろな表現があります。あくまでも一つの例として紹介しています。お子さんが他の表現を使っていたとしても、それも正しい手話です。

幼稚部 運動会無事終了!

5月27日(土)快晴!青空の下で、無事に運動会を実施できました。

幼稚部/小学部/中学部・高等部に分散しての実施でしたが、

保護者参観の人数制限もなく、たくさんのご家族にきていただき、

幼児児童生徒たちは張り切って燃えてました!!

幼稚部は「かけっこ」と「玉入れ」を頑張りました!

そして最後には、校長先生からメダルをもらって大満足でした。

 

幼稚部 運動会に向けて その2

玉入れは、赤組と青組に分かれて競います。

高い籠に入れることにチャレンジしたり、教室で籠に玉を入れることを楽しんだり、いろいろな形で玉入れを楽しんでいます!

「僕は青組!」「私は赤組!」「青組は嫌!〇〇ちゃんと一緒がいい!」「赤組に変える!」言いたい放題で教員も困ってしまいます苦笑

子ども同士で仲間意識が育っている証ですね!