ブログ

本日の給食

本日の給食 令和3年12月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食献立(カレー南蛮の日)

カレー南蛮やきそば ひき肉とごぼうの蒸し物 かきたま汁 パインゼリー 牛乳

 

「カレー南蛮の日」はカレー南蛮を考案した料理人の誕生日にちなんで制定された日です。

その昔、南蛮人がよくネギを食べていたことから「南蛮=ネギ」という意味になりました。

このため、カレー汁のうどんでもネギが入っていれば「カレー南蛮うどん」といい、ネギが入っていなければ

「カレーうどん」となるそうです。

本日の給食 令和3年11月24日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食献立(かつおぶしの日)

醤油ラーメン 小松菜のおかか和え バナナ揚げちゃいました 牛乳

 

「バナナ揚げちゃいました」は一応、栄養教諭のオリジナル献立です。

棒状に切ったバナナとあんこを春巻の皮に包んで揚げます。

シンプルですがおいしい、中華風スイーツです!

 

本日の給食 令和3年11月22日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食献立(防災備蓄品体験献立)

アルファ米わかめご飯 鯖の塩焼き ちくわともやしの和え物 サツマイモたっぷり豚汁 牛乳

 

【アルファ米って何?】

生のお米に含まれるでんぷんは人間には消化しにくい「ベータでんぷん」の状態です。

お米を炊いてご飯になると、人間が消化しやすい「アルファでんぷん」に変わります。

この食べやすい「アルファでんぷん」のまま急速乾燥して、長期保存ができ、水で戻せばすぐに食べられるようにしたものがアルファ米です。

 

本日の給食 令和3年11月19日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給食献立(食育の日献立~近畿①~)

さぶらぎご飯 赤魚の竜田揚げ かしわのじゅんじゅん お講汁 牛乳

【さぶらぎご飯】三重県

海開きや山開きと同じように田んぼにも「田開き」があり、三重県では「さぶらぎ」と言います。

 大豆のような大粒の米が実るよう、大豆を入れた「さぶらぎご飯」を食べます。

【お講汁】京都府

浄土真宗の開祖「親鸞」の恩に報いる行事で食べられていた料理です。

 幻の京野菜「大内カブラ」をじっくり煮込んで作るのが特徴なのですが、給食は普通のかぶなので、

あまり煮込みすぎずにつくりました!

【かしわのじゅんじゅん】滋賀県

「かしわ=鶏肉」、「じゅんじゅん=煮る時の音」を表しています。

~赤こんにゃくの話~

滋賀県では昔から食べられており、こんにゃくは赤いものが普通と思われているほどでした。

 滋賀の地に安土城を築いた織田信長が派手好きだったため、地味なこんにゃくを赤く染めたという説があります。

 ちなみに赤い色は三二酸化鉄によるもので、普通のこんにゃくよりも鉄分が多く、貧血予防に良いそうです。