学校の活動

学校の活動 (読みたい記事のカテゴリを選択)

寄宿舎 食育学習会

 1月27日(水)栄養教諭の千葉先生より『頭がよくなる料理とは!?』というみんなが聞きたかった内容を講演していただきました。

学力アップに必要な力を「判断力」「思考力」「記憶力」と考えて、それぞれに必要な栄養素と食材は何かを学びました。

 また、「判断力」「思考力」「記憶力」アップにつながる食材を使った簡単に作れるデザートレシピをたくさん紹介していただきました。記憶力を上げるバナナを使ったバナナカップケーキの試食もあり「おいしい」「記憶力アップしたと思う」などと大盛り上がりでした。

ぜひご家庭で作ってみてください。

 

 

卒業お祝い会

 

3月8日(火)卒業お祝い会を行いました。

第1部の夕食は卒業生のリクエストメニューが並び、とても豪華で舎生の笑顔あふれる夕食会となりました。

第2部は、小学部・男子・女子それぞれのグループが作成したお祝い動画や出し物が披露され、在舎生の卒業生を思う気持ちが伝わり心温まる雰囲気に包まれました。

 

最後に卒業生から寄宿舎の思い出や後輩に伝えたい事が語られました。高等部3年生にとって、寄宿舎の仲間と過ごした最後で、最高の思い出作りになりました。

  

 

寄宿舎 伝統行事「新春の集い」

1/12(水)、体育館で伝統行事「新春の集い」を行いました。今回は体育館のコート半面ほどにマス目を並べて、巨大な双六を行いました。3チームの対抗戦で、サイコロを振って止まったマス目に色々な指示があり、舎生はその指示に従って懸垂20秒だったり、体育館を全力で一周走るなど行いました。中にはスタートに戻るを何度も出してしまい、頭を抱える舎生もいて終始大盛り上がりでした。

 

全商協会主催 第67回ビジネス文書実務検定試験 高3で1級合格!

11月28日(日)に「全国商業高等学校協会主催 第67回ビジネス文書実務検定試験」が実施され、延べ40名が受験し、本科3年生1名と専攻科1名が1級に合格しました。

 

1級合格のためには「速度」部門で10分間で正確に700字以上の入力と、「実技」部門で、ビジネス文書作成と筆記試験で、それぞれ70点以上に達する必要があります。

その2部門の合格を達成して「1級合格」となります。

どちらか一方のみの合格は「部門合格」となります。

 

この検定試験においては他にも下記のような合格者が出ています

2級速度部門合格…4名(本科3名、専攻科1名)

3級合格…4名(本科3名、専攻科1名)

3級速度部門合格…3名(本科生)

特筆すべきは、本科1年生で3級合格と2級速度部門のダブル合格者が出たことです。

これらは検定試験前1か月間の放課後の集中練習や、自宅での地道な積み重ねの結果です。

 

全商ビジネス文書実務検定は、年2回(6月と11月)開催されており、次年度に向けてすでに上級の合格を目指し、すでに練習に取り組んでいます。

 

大宮ろう学園高等部では、本人が希望する資格取得のために、全教職員一丸となり指導に取り組んでいます。

寄宿舎 卒業生講演会

12月13日(月)卒業生講演会を行いました。現在一人暮らしをしながら大学に通われている林田文貴さんに『コミュニケーション』をテーマに講演をしていただきました。寄宿舎生向けに、大学での体験や一人暮らしで起きたことなどを、テーマに合わせてとてもわかりやすく話してくれました。。

まず、ろう難聴者のコミュニケーションを3パターンに分け、それぞれのコミュニケーション方法や聴者と関わって困ったこと、工夫したことを話してくれました。

また、卒業後に向け、寄宿舎生活で今できることは何か?大切なことは何か?という話があり、寄宿舎生にとって将来のことを考えるきっかけとなる講演になりました。