ブログ

本日の給食

食育の日とくれば

*12月20日(水)の給食*

・ごはん【味付けのり】

・牛乳

・豆腐チゲ

・まごはやさしいサラダ

・みはや

 

 何度もしつこく提供している「まごはやさしいサラダ」。

身体に良いもの集めて一つのサラダにしています。「ま」は

豆類、「ご」はごまなどの種実類、「は」はわかめなどの

藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけなどの

茸類、「い」は芋類。給食時間に確認するのは難しいことも

あるので、ご家庭の話題の一つにしてください。

 濃厚な味の「みはや」は、アンコール系のオレンジと

みかんのかけ合わせ。果汁豊富、手で簡単にむけますよ!

 

 

ジョー!

*12月18日(月)の給食*

・コッペパン

・牛乳

・スラッピージョー

・ポトフ風みそスープ

・コールスローサラダ

 

  「スラッピージョー」という献立名を見て、懐かしいと

思った方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。具をパンに

はさんで食べる献立が好評とのことなので、バリエーション

を変えて毎月1回は提供しています。スラッピージョーも、

ケチャップ味の挽肉炒めをパンにはさんで食べる献立です。

この献立名がついたのには諸説ありますが、音の響きを

子どもたちに印象付けられたら楽しいかも、と思いました。

 コンソメのだしにみそ味の根菜スープは、少し大きめに

野菜を切っています。名前と味が結びついたらいいな*

 

歴史と食事

*12月15日(金)の給食*

・開化丼(麦ごはん)

・牛乳

・だいずのしゃりしゃり揚げ

    カレー風味

・昆布入り浅漬け

 

 明治初期の文明開化の頃、江戸の町人たちが豚肉を口に

するようになったそうです。今日は豚肉を使った卵とじ丼

なので、めでたい感じのする文明「開化」の響きをいただき

ました。郷土料理や世界の料理も、歴史と結びつくものが

多く、料理を調べると自ずと歴史も学ぶことがあります。

 流し食べができる卵とじ丼なので、かみごたえのある

料理を組み合わせました。「だいずのしゃりしゃり揚げ」は、

旧大宮市で提供されていた給食です。時代の流れと共に

給食の内容も変化していますが、昔から伝わる給食らしい

料理は、伝えていきたいものです。

 

カルシウムふりかけ

*12月14日(木)の給食*

・ごはん

 【手作りカルシウムふりかけ】

・牛乳

・肉じゃが

・和風サラダ

・りんご

 

 今日のお手紙は、カルシウムバトルにしました。

例えば、しらすとちりめんじゃこ、牛乳1杯と

ヨーグルト1つ、のりとわかめ1食分、などです。

 正解多数だったものは、牛乳1杯>ヨーグルト1個、

しらす<ちりめんじゃこ。牛乳とヨーグルトの

カルシウム含量は大差ないですが、1杯を200ml、

1個を100gとしたためです。しらすよりじゃこの

方が乾燥しているので、同量食べるならじゃこに

軍配が上がります。

 正解少数だったのは、小松菜>ほうれん草、

ちりめんじゃこ<ひじき、のり>わかめです。

小松菜は、カルシウムが多い青菜として有名です。

ひじきは鉄分を多く含む海藻として有名ですが、

製法が変わってきたので、鉄以外のミネラルも

含む藻類として記憶を更新しましょう。のりに

巻かれたおにぎりは、今でもコンビニを賑わせて

いますね。カルシウム以外のミネラルも多いのり、

1日に1回は食べたいですね。

 ご飯のお供として使うふりかけですが、

意識すると栄養補給になります。身体にプラスに

なるふりかけを使いましょう!

 

逃がさない!

*12月13日(水)の給食*

・チーズパン

・牛乳

・白身魚の香草パン粉焼き

・シンデレラポタージュ

・ひよこ豆のサラダ

 

 今日は冬の魚の代表とも言える鱈(たら)を、

洋風でいただきました。肉や魚を調理する際は、

塩コショウを振って旨味を増やしてから火に

かけるのがおいしいとされていますが、この

パン粉焼きは順序が違います。スパイスで

味付けしてあるパン粉を使い、魚自体には

味付けをせず、バッター液(小麦粉と卵と水で

作る)でくるんで、魚の旨味を閉じ込めて、

蒸し焼きにしました。市販の味付きパン粉は

塩味が強いので、味なしパン粉を混ぜたのも、

塩分を控えるコツです。

 「シンデレラ」と入れたら想像できると思い、

献立名に入れました。かぼちゃのポタージュ、

予想通りでしたか?

 

 

木の実

*12月12日(火)の給食*

 

・きんぴらナッツごはん

・牛乳

・じゃこ入り卵焼き

・どさんこスープ

 

 今日はカシューナッツをきんぴらのごまのように、

ご飯の具として混ぜ込みました。カシューナッツや

くるみをはじめとする木の実は、身体によいビタミンが

豊富に含まれ、冬を乗り越えるには必須です。りすが

どんぐりの実をほっぺたにたくさん入れて巣穴に戻る

姿を想像してください。動物にも人間にも、冬を

越すのに必要な栄養素は同じだと感じています。

 毎回好評のどさんこスープは、みそバター味です。

具をたくさん準備することは大変ですが、時間がある

際にまとめて作って何日か食べたり、冷凍保存したり、

カット野菜を買って時短にしたり、生活に合った方法を

見つけてください。目指せ、両手をいっぱいに乗る

野菜を毎日食べる!!

 

国産キウイ

*12月11日(月)の給食*

・ごはん

・牛乳

・魚と豆腐の中華煮

・キャベツのバンバンジー

・キウイフルーツ

 

 埼玉県内でとれたキウイが出回る時期になりました。

ニュージーランドの鳥の名前が付けられたこの果物、

輸入品のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、

あるんです、国産。

 甘さが均等になるように、頭とお尻が全員にいき

渡るように切りました。納められた蓮田のキウイは、

頭とお尻の甘さの違いを感じられるほど熟しておらず、

味見してもらうことができませんでした。

「県産キウイ、あるんだ!」「キウイっておいしい!」。

次回提供する際は、こんな声が聞けますように*

 

揚げパンと焼きパン

*12月8日(金)の給食*

・2種パン

 (シナモン揚げパン・セサミパン)

・牛乳

・ポークビーンズ

・ツナサラダ

 

 今日は揚げパンと焼きパンの2種類のパンを提供しました。

どちらも甘い味付けで、味に飽きるかと心配しましたが、

揚げ調理と焼き調理の違いを比べることができたようです。

 シナモンには、血流が良くなり発汗効果もあるそうです。

健康食品と名の付く既製品を食べたりビタミン剤で補うことも

健康維持には手っ取り早いですが、食品やスパイスが持つ

効果を知り、日常的に活かすことも大切です。少し前の

日本は、3世代が一緒に暮らすことが当たり前だったので、

習慣として行われていたことは自ずと知ることができ

ました。今ではそれらの習慣も身近ではなくなっています。

検索して知る時代に変わってきています。

 すぐに検索して調べられるので、いろいろな情報が

手に入るという良い面もあります。正しい情報を取得して、

「病気に負けない体を作ろう!」(12月の給食目標)の

ために日常的にできることを見つけ、自分に合ったものを

継続して行いましょう^^/

巷でしか聞かなかった話題の

手作り

*12月7日(木)の給食*

・シーフードカレー

  (麦ごはん)

・牛乳

・アーモンドサラダ

・おかしな目玉焼き

 

 今日のカレールゥは、じゃがいも、人参、玉ねぎ、生姜、

にんにくはいつもと同じですが、ベーコン、あさり、えび、

いかと、海鮮がメインでした。カレー粉を念入りに炒めたら、

暗い色のルゥになりました。おかしな目玉焼きの牛乳寒天を

きび砂糖で作ったら、茶色がかった白身になりました。

 食材を変えたら味わいが変わるのはもちろんですが、

同じ材料で作っても調理時間や切り方や順番が違うと、

違う味になります。毎日給食室で繰り広げられている物語を、

子どもたちに届けている気持ちです。自校給食の醍醐味だと

感じます。

 身近な人にほっとできる存在がいると、安心して過ごせ

ます。今日も、心を満たせた学校生活の一翼を担えている

ことを願っています。

 

甘さ控えめ

*12月6日(水)の給食*

・豆腐ラーメン

  (中華めん)

・牛乳

・海藻サラダ

・ごまさつま蒸しパン

 

 「蒸しパン」を買って食べたことがありますか?

 蒸しパンは、砂糖と卵と小麦粉と乳類と油で作り

ます。市販の蒸しパンは砂糖と油がしっかり入って

いるので、同じくらいの大きさのパンに比べると、

蒸しパンがパンの2倍ほどのカロリーの物もあります。

とっても甘い蒸しパンと、手でちぎるとピカピカに

光る指が、高カロリーの証です。

 それに比べると今日の手作り蒸しパンは、蒸して

作っただけで通常の甘い「蒸しパン」とは異なります。

小麦粉:片栗粉=2:1で、脂肪の低い豆乳を使い、

ごまとさつま芋の力を借りて砂糖を控えめにしました。

 こんな素朴な蒸しパンを、子どもたちはにこにこと

「おいしかった!」と伝えてくれます。売るためや

日持ちや見栄えのために、砂糖や油や塩が盛られた

商品がたくさん出回っています。ご家庭でも食品選びを

慎重にし、成長中の子どもたちの身体を作る食事、

家族みんなの健康を保つ食べ方をしましょう!