学校の活動

学校の活動 (読みたい記事のカテゴリを選択)

校舎周辺の草取り

学校再開に向けて幼小・中高玄関周辺の庭を中心に草取りをしました。今の時期は草の成長が早くなかなか作業は大変でしたが、全学部の職員が力を合わせて取り組んだ結果、雑草のないさっぱりとした庭に生まれ変わりました。この作業は3日間続けて行います。きれいになった玄関で幼稚部、小学部、中学部、高等部の皆さんを迎えるのが楽しみです。

Meet面談は 順調にすすんでいます

臨時休業中の幼児児童生徒の様子を把握するため、ビデオ会議アプリ「Google Meet」で順次面談を行っています。情報教育推進部と教科班情報教育のメンバーが力を発揮し、職員全員がマスターできるように研修会を実施しました。校内に5か所のスタジオを設置したことにより、順調に進めることができました。校長室となりの応接室は、小学部低学年の面談が行われています。手話で面談を行っていますが、教員や子供の楽しそうな声が伝わってきて、学校に活気が戻ってきています。

手話表現を学ぼう

臨時休業中の子供たちに向けて、現在、職員がたくさん動画を作成しています。その動画は、本HPでは公開しておらず、保護者専用サイトや学習支援アプリ「まなびポケット」で閲覧できるようになっています。

そのため、ここに幼稚部の聴覚障害教員が作成した動画を一部紹介します。手話表現を学ぶ際の参考にしてください。

新型コロナウイルス https://youtu.be/GnN_B0GXR

メダカのめいちゃん https://youtu.be/HKOiI0BEEg0

幼稚部渡り廊下を改造

幼稚部の渡り廊下は、子供たちが接触したり衝突することが多い場所でした。そこで、業務職員がアクリル板を活用して改造しました。これで勢いよく動き回っても、ソーシャルディスタンスを保ちながら、お友達と関わることができますね。 事務室より

 

輝け!大宮ろう学園 地域へ発信

新型コロナウィルス感染症の影響で、生徒たちの活動が制限されて1か月が過ぎようとしています。本校は、資格取得に向けた取組や部活動が盛んです。全国大会において輝かしい成果をおさめていますので、横断幕を掲げ、地域に発信しています。   

丹波の森ウッドクラフト展ジュニアの部 準グランプリ

危険物乙種第1類~第6類 全類取得達成  

第56回全国聾学校卓球大会一宮大会 女子団体戦優勝 2連覇達成

第56回全国聾学校陸上大会栃木大会