学校の活動

幼稚部 5月のあそび

夏がきたような暑さ!

とくれば、子どもたちが遊ぶのは”水”!絵の具を少し混ぜてできる”色水”は魅力的!お水をたくさん入れると薄い色になり、色を混ぜると他の色になる。いろいろ試しながら色水の世界に入り込んで遊びます。

できた色水は「霧吹き」を使って、水から霧の状態へ。ふわっと出てくる霧が面白くて、白い紙に吹きかけてきれいな色模様を実感していました。

「黒い紙にやったら花火になるんじゃない?」という子どもからの提案で、黒い紙にも筆で絵の具を振ってみました。色水から霧吹き、絵の具飛ばし…色水の世界が広がりました。

そして…キャンパスは”身体”!!

腕におなかに顔に…はじめは、おそるおそる描いていましたが、水とは違う絵の具の感触はたまらない!!

この感動を分けてあげようと他の友だちの身体にも一筆…体中絵の具だらけになっていくのを、見たり、感じたりしながら、笑顔の花が咲いていました。