学校の活動

産業工芸科生徒 大活躍!

幼稚部の巧技台がささくれ始め、けがの心配がありましたので、高等部産業工芸科の生徒がサンダーで研磨してくれました。頼もしい限りです。