本科生 No.3

「夢は、仕事をしながら走って走って、いつかは世界大会に出られるようになること」

①   現在どこに勤務(在学・通所)していますか?

企業

 

②   その会社(大学・学校・施設)のよいところはどんな所ですか?

耳が聞こえないことを理解してくれるところです。

 

③   小学生の頃の夢は何でしたか?

漫画家、教師

 

④   中学生の頃の夢は何でしたか?

教師、陸上選手

 

⑤   高等部時代、就職するか進学するかどのように決めましたか?

初めは進学する予定でしたが、家庭の都合で、ある目標を叶えられなく、就職に変えました。

 

⑥   現在の目標や夢は何ですか?

今もコミュニケーションが取れるように努力しています。これからも目標をもって頑張ります。夢は、仕事をしながら走って走って、いつかは世界大会に出られるようになることです。

 

⑦   大宮ろう学園のよいところはどんな所ですか?

教育の仕方がすごくいいところです。生徒が悩んでいる時にすぐ励ましてくれる先生がたくさんいます。相談しやすい先生が多いです。

 

⑧    後輩に身につけておくといいと思う力は何ですか?

「耳が聞こえない」「声を出して話すことは厳しい」と、コミュニケーション方法などをしっかりと相手に伝えた方がいいです。実際に私は、「耳が聞こえない」ということを伝えるだけではなく、「私は日常的に補聴器をつけて生活しています。ですが、左耳が聞き取りにくいので、右耳の方に話しかけていただくとうれしいです。コミュニケーション方法は、筆談と口をゆっくりしていただくとうれしいです。」という感じで伝えました。しっかり伝えておかないと、「補聴器+人工内耳をつけているから大丈夫でしょう。」「コミュニケーション方法を何も言わないということは、口だけで話せばいいの?」と思われてしまうかもしれません。